愛知県蒲郡市におでかけ

こんにちは。今日もなんとか生きています。プチDです。
ペーパードライバー。

さて、先日蒲郡(ガマゴウリ)へいってきました。
ここにはあづまやオリジナル三河木綿を、
織ってくださっている織元さんがいます。

駅からはちょっと離れた、のどかなところにあります。
ご夫婦2人で営んでいる工場で、
機を動かす大将は71歳。
ここ数年、畑で綿花の栽培もはじめ、
将来的にこの綿で着物を作るのがあづまやの夢です。
ちなみに、この畑の綿があづまやの店先にも植えてあります。

流石にプロフェッショナルでいらして、
非常に専門的なお話をしてくださいました。
インチ間の糸の本数と手触り、
生地の凹凸と打ち込みの本数、
生地長と重量の比率等、
専門知識の宝庫でした。

知識として詰め込みはするものの、
理解というか、実感には程遠いもので、
聞けば聞くほど自分の知らないことはまだまだあるなと自覚させられます。

織物って深いなと、改めて実感した1日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日のアイテム

She’s so kissable, huggable, lovable, unbelievable
She’s a mouthful of anything and everything a man could want
ngo2016-0701

Up ‘til now my life has been so lonely and boring
I never thought I would find someone so
西村織物 名古屋帯

続いて西村織物です。
可愛らしいアザミの帯。

花がふんわりふわふわしていて、素敵ですね。
花をモチーフにした帯は、品がいいなーと感じます。

ふと思ったのですが、
人が花を見て綺麗と感じるのだから、
その自然の配色の妙に、
加えて最高の素材の絹を使い、
更に脈々と研究が重ねられた織で表現されるわけですから。
それは生半可なものが出来上がるわけないですよねぇ。