普段着の着物生活を応援します!きものをファッションの一部に!

きくちいま本麻長襦袢 彩加(さいか)2020年

【彩加 本麻長襦袢 2020年 新作 先行予約受付中!】

きくちいまさん監修の本麻長襦袢「彩加」の先行予約をまず第一弾は2019年12月28日まで受け付け中です!

今年は「彩夏」から「彩加」にネーミングが変更になりました!

その訳や2020年の新作の詳しい情報は以下の動画をご覧ください!

今年のテーマ色はオリンピックカラー!

2020年と言えば「東京オリンピック」が開催される年ですよね! 製作委員会でもこのチャンスはほぼ二度とないと思い今年の基調色はオリンピックカラーにしました!

麻の着物や襦袢の産地で有名な新潟県小千谷地方で織られた先染めの本麻長襦袢です。
きくちいまオリジナル製作作委員会で作られました。
愛知県ではあづまやだけの取扱商品です!

もともと、夏の王様「麻」素材。でも最近の温暖化で中部地方では実際に4月後半からもう暑いです。あづまやの店長や従業員はまずは下着から工夫していきます。また暑がり屋さんは一年中着られている方もいらっしゃいます。
表地からいきなり夏にしてしまうわけではなく、徐々にインナーから工夫しています。

きくちいまさんも「最近夏の時期が長くなってるのよね〜私はもう4月から暑い日は麻襦袢着ちゃってるんですよ」だから彩加は単衣の季節でも、袖口から見えてもそんなに夏襦袢感がなくってかえっておしゃれと仰っています。

しかし、こんなビビットな色はちょっと怖いなぁ〜と思っているあなた、次の画像をご覧ください。

白色の透ける反物を「彩加」の上に乗せてみました。

実はこのくらいビビットな色でないと表地に綺麗に反映されません。
逆に中間色の襦袢ですと色が濁ったりかえって悪影響かも。。

本当にかわいくて綺麗ですよね!

次は柄物の小千谷ちぢみの反物を乗せてみました。

濃い色だと本当に影響が少ないのがわかりますよね?

こんな時は袖口などチラッと見えた時には濃淡の差がまたカッコイイと思います。

また、普段着の単衣着物であれば長襦袢も心躍る色柄を着たい!そんな声に応えてみました。

今年も選べる25色!見る角度によって色変わりが楽しめるシャンブレーの生地も予約限定でご用意!

今年の「彩加」では予約限定でお好きな組み合わせ25色が選べます! シャンブレーとは、経糸と緯糸に鮮やかな色糸を使って平織りに織る事によって見る角度によって色が変わったり光沢感が出る生地の事で、昨年大人気だったため今年は基本色に採用しました!

お問い合わせは、どうぞこちらからお気軽にお問い合わせください。

早期ご予約・ご予約・お買い上げはこちらの当店の通販ページから。

最後にすべての貴重色のアップ!しかも!5色以外にも好きなお色が選べるんです!

A-1 経糸:青 緯糸:青

B-2  経糸:黄 緯糸:黄

C-3 経糸:黒 緯糸:黒

D-4  経糸:緑 緯糸:緑

E-5 経糸:赤 緯糸:赤

先行予約に限りお好きな色が選べます!ご予約はお早めに!

最後に気になるお値段は日本全国統一価格!

反物価格¥40,000(税別)

お問い合わせは、どうぞこちらからお気軽にお問い合わせください。

早期ご予約・ご予約・お買い上げはこちらの当店の通販ページから。

着物に関する事ならなんなりとお問い合わせ下さい TEL 0563-57-4091 営業時間 10:00 - 19:30 《火曜・水曜定休》

PAGETOP