夏の素材と言われるわけ

こんにちは。16、17とお盆休みでした。プチDです。
ゆっくり骨休め。

さて、先日機会があり小千谷縮の着物を着させてもらいました。
すーっごく軽いんですね!
肩に掛かる感じが全然違いました。

重さを測ると小千谷縮は約500g
そのときに着ていた遠州木綿が約630g

たった130gではありますが、
肩に乗るのが別物の印象でした。

それと麻をはおってからのひんやり感。
着た瞬間はもちろん、
ひんやりの持続感があって気持ちよかったなー。

夏物には夏物の訳があるんだなとしみじみ。
着物は着れば着るほど、素材だなと感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日のアイテム

She’s so kissable, huggable, lovable, unbelievable
She’s a mouthful of anything and everything a man could want

odi2016-1401

Up ‘til now my life has been so lonely and boring
I never thought I would find someone so
小千谷縮

っというわけで、夏着物の王様です。
涼しい、軽い!

「夏は暑くて着物着なくなっちゃう・・・」
そう思えばこそ、小千谷縮!

涼しいのはもちろんなんですが、
軽さのウェイトって大きいと思うんですよね。
夏ってなんだかんだ体力奪われて、
寝て起きるだけでもバテちゃう。

そんなバテバテの体だからこそ、
服のほんのちょっとの重さで、
疲れ方が違うのではないかなーと。

そんなふうに思うのでした。